ボトックス注射を受けて悩み解消!副作用に注意して施術を受ける

施術の流れ

注射器

ボトックス施術を受けるのなら、施術の流れや副作用についてきちんと説明してくれる美容整形クリニックで施術を受けましょう。基本的なボトックス施術のプロセスとしては、クリニックに問い合わせして、来院の予約をとります。そして、指定した日時に美容整形クリニックへ訪れて、担当医とカウンセリングを行います。カウンセリングの内容としては、ご自身がどのような症状に悩んでいるのか、またどのように症状を改善したいのかをヒアリングします。このカウンセリングでは自身の意見や希望を言うことが大切です。そのため、治療に関して何か疑問や不安を感じているなら、遠慮なく担当医に相談しておきましょう。また、痛みが心配な場合には、医師に麻酔の使用を依頼することをおすすめします。最近では、ボトックス施術も麻酔クリームを塗ってから、施術を行なうクリニックも多いです。しかし、念のために確認しておく方がいいでしょう。そうして、カウンセリングを数回重ねた上で、施術を受ける日時を医師と決めます。当日には、治療に必要なお金を持参し、治療を受けます。ボトックス施術は一日で済む施術ですから、すぐに帰れるので安心して施術を受けるといいでしょう。そして、治療が終わった後は医師から必要に応じて、冷却処置や消炎剤の塗布を行ってもらいます。ボトックス施術自体はここで終了ですが、副作用について聞いておくことを忘れないようにしておきましょう。もしも、副作用が酷い場合にはすぐに皮膚科など医療機関へ行くことをおすすめします。

ボトックス施術を受ける場合には、まずは電話かネットにてお問い合わせ、ご予約しましょう。そして、予約を済ませたら、その日時に美容整形クリニックへ行き、施術を担当する医師とカウンセリングを行います。カウンセリングでは、経験豊富な医師が直接、ご自身と対話し、希望について聞いてくれます。そのため、ご自身が悩んでいる症状を解消し、どんな状態にしたいのかハッキリと伝えるといいでしょう。また、施術での不安や疑問などを聞いておくのもいいです。特に、ボトックスには副作用がありますから、副作用に関する情報を確認しておくことも大切です。そして、カウンセリングで施術内容に納得ができれば、いよいよ施術になります。施術には、麻酔が使用されますので痛みの心配はありません。そのため、施術は担当医の指示に従って、安心して任せましょう。ボトックス施術が終わったら、ダウンタイムがほとんどないので、入院せずともすぐに帰ることが可能です。もちろん、必要に応じて冷却処置や消炎剤の塗布を行いますので、施術部分が痛い場合には即報告しましょう。また、治療後にも副作用などの症状が現れた場合にも、すぐに担当医に相談することが大切です。

To Top